~ 珈琲による第2の人生 ~ You Only Live Once

【埼玉】の《珈琲好き》。趣味である〈喫茶店巡り〉、〈カフェ巡り〉、〈珈琲の探求〉、〈蔵書紹介〉について情報を発信《☆YOLO☆》

入間市の【Tuuli】さんに行ってきたよ!

 

こんにちわ!KENG(ケングー)@Grimpeur_KENG】です!

 

さっそくですが、今回は入間市駅近くにある【Tuuli】さんというカフェに仕事ついでに足を運んだので紹介したいと思います。

f:id:KENG:20171111231942j:plain

 

入間市について

入間市は東京都に隣接する埼玉県西南部に位置する街です。

 

入間市と言えば、まず思いつくのが三井アウトレットパーク入間Costco Japanの存在が大きいかもしれません。

 

今でも土日祝日になると、圏央道から入間ICに降りるとだいたいすぐに渋滞にハマってしまうほどの盛況ぶりです。

 

また入間市駅近くには、航空自衛隊入間基地があり11月3日の文化の日にはブルーインパルスなどの機体が活躍する航空ショーが開催され、全国各地から航空マニアが集結します。

 

この入間基地は「亜人」という漫画内(実写化もされ、主演を佐藤健さんが演じました)でも登場するため、聖地巡礼として訪れる人もちらほらいらっしゃるそうです。

 

お店の場所

f:id:KENG:20171111231602j:plain

お店の場所は、駅から5~7分のところ。比較的人通りは少ない落ち着いた地域です。

 

中央のドアから階段を使って2階に上っていきます。

 

f:id:KENG:20171111232126j:plain

 入り口に入るとopenの看板が迎えてくれます。

 

店内の様子

f:id:KENG:20171111232813j:plain

茶色を基調とした木製家具は温かみがあります。店内にはslow musicが流れており、さらに落ち着いた空間を演出しています。

 

荷物を置き、椅子に座って一息つくと、店員の方がお水とメニューをそっと持ってきました。

 

お店に来店してから店員の方が私を遠めから観察しているのが伺え、細部まで心配りが行き届いているなと感じました。

  

f:id:KENG:20171111232730j:plain

お店自体は縦長の間取りです。

階段を上って右側(写真でいう手前側)を進むとテーブル席が4つあります。 

  

f:id:KENG:20171111233823j:plain

 階段上がって正面にレジ兼キッチンがあり、珈琲豆や小菓子、ドリッパーなども置いてあります。カウンター右奥に行くとトイレです。

  

aalto coffeeさんのオリジナルブレンド

f:id:KENG:20171111232842j:plain

【Tuuli】さんではaalto coffee(アアルトコーヒー)さんのオリジナルブレンドの『アアルトブレンド(中煎り)』『アルヴァーブレンド(深煎り)』が用意されています。

 

aalto coffeeさんは徳島県にある有名な自家焙煎珈琲店で、ここで焙煎した珈琲豆を取り扱っているお店も多く、またその魅力に取りつかれている珈琲愛飲家も多いのではないのでしょうか。

 

この日、私は『アルヴァーブレンド(深煎り)』の珈琲と紫芋のタルトを注文しました。

  

さっそく一口目を頂くことに。

しっかりしているがそれでいて強すぎない苦味と豊かなコク。

そして最後にじわっと優しい甘味を感じることができました。

 

珈琲液の舌触りと相まって、まるでビターチョコレートを食べているかのような印象です。それでいて飲み心地はすっきりと澄んでいてとても美味しい珈琲でした。

 

また、口に含んだ時の珈琲温度はややぬるめでした。温度が高いとどうしても苦みの成分が強く出すぎてしまうため、低い温度で抽出しているだと思います。

 

【Tuuli】さんでは、珈琲豆の販売もしており、実際にこの『アルヴァーブレンド(深煎り)』を購入すると、店員の方が「湯の温度を下げて淹れたほうが美味しいと思います。」と一言アドバイスを頂きました。

 

非常に親切で心がほっこりしました。

  

f:id:KENG:20171111232603j:plain

【Tuuli】さんには、もう一つ珈琲の種類があります。それはaalto coffeeの庄野さんが実際に【Tuuli】さんのお店に来て、お店の雰囲気をイメージしてブレンドした『Tuuliブレンド』です。

 

たまたま別日に仕事帰りで立ち寄ることができましたので、今度はグレープフルーツのチーズケーキと一緒に注文してみました。

 

『Tuuliブレンド』中深煎りの珈琲豆です。

目の前にサーブされた時には、まずはじめにポン菓子や黒糖のような香ばしくて甘い香りが広がり、少しだけ香草やオリエンタルな香りも感じられました。

 

口に入れるとまず優しい酸味と豊かな甘味が口の中全体に広がります。印象としてはみかんや糖度が高いトマト、ピーチなどのようなジューシーな酸味と甘味の感覚です。

 

そして後半にはほど良い苦みもあり、バランスの取れた珈琲です。

しっかりとしたコクがありながらも、飲み心地はすっきりしています。

 

『アルヴァーブレンド(深煎り)』『Tuuliブレンド』もどちらも特徴的で美味しく、どちらも飲んで落ち着く私が大好きな珈琲でした。

 

手作りの紫芋のタルトとグレープフルーツのチーズケーキ

f:id:KENG:20171111232946j:plain

珈琲と一緒にお店特製の手作りケーキも頂きました。

 

こちらは紫芋のタルトです。

 

トップにはシロップ漬けした紫芋と生クリームがのっています。

 

タルトのサクサクとした触感とシロップ漬けした紫芋のしっとりした触感がしだい混ざり合っていき、口の中に優しい甘さが広がります。


そこに香ばしいカラメルソースが飽きがこない良いアクセントになっています。

 

珈琲と一緒に食べるとまたより一層自然な甘みが際立ちます。

 

f:id:KENG:20171111232702j:plain

そしてこちらはグレープフルーツのチーズケーキです。

 

グレープフルーツのチーズケーキなんて珍しいですよね。

  

f:id:KENG:20171111232634j:plain

ケーキの中にはグレープフルーツとピンクグレープフルーツの果肉がふんだんに使われていました。

チーズはしつこくなく、こちらも優しい甘みが特徴的です。

フルーツの果肉のジューシーさとほろ苦さ、チーズケーキの甘さが想像していたより相性が良く大変美味しかったです。

 

まとめ

入間市駅を降りて徒歩7分。小さなビル2階にはゆっくりとした時間が流れ、おいしい珈琲と絶品の手作りケーキが食べれる【Tuuli】さんがありました。

  

月によって、また季節によってケーキの種類も変わるようなので、ぜひまた足を運んでみたいと思います。 

 

【Tuuli】

住所:埼玉県入間市豊岡1-3-4 2F

交通手段:西武池袋線入間市駅から徒歩約5分。

営業時間:11:00~19:00 (L.O.18:30) [ランチ] 11:30~14:00

定休日:水曜日

 

 

あわせて読みたい

keng.hatenablog.jp

keng.hatenablog.jp

 

【スポンサーリンク】